こにし

青臭さは続く

 

人生とは?の質問に

 

「一生で回り切れないテーマパークのようなもの」とザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトが答えていてた。

 

色んな所にいけるんだ!といったワクワクした気持ちとそれでも時間は有限で自分が行きたいところに全部は回ることができない切ない気持ちの両方を感じた。

自分はこの「テーマパーク」でどこに行きたいのだろうか?

 

スペースマウンテンのようなみんなから羨ましがられる最高のアトラクションに乗りたいとも思う。

観覧車のようにゆったりだのんびりとした生活をしたいと思ったりもする。

はたまた、昔見た「かいけつゾロリきょうふの遊園地」に出てくるような誰もが行こうとしないアトラクションに乗って、「お前、なんでそんなところに行くんだよ、、もう俺ら21だぜ?いい加減まともに生きようぜ、、」と言われても「うるせえ!俺は俺の道を行くんだ!」と言ってみたい自分もいる。

 

書いているうちに何が言いたいのかさっぱりわからなくなってきた。

 

 

周りを見ると、もう自分の進む道を明確にしている人達がたくさんいる。「俺はこのアトラクションに乗ってこんなことをするんだ!」や「このアトラクションのファーストパスはゲットしたから。あとそこに行くだけだから。」などなど

 

そういうやつを目の前にするやっぱり焦る。ひたすら、焦る。

 

それでも固執したくない。どうしても「一つのことを続けることこそが美徳」みたいな風潮が周りにあるとどうしても何か一つ自分の「アトラクション」を決めないといけないと思ってしまう。

 

だから時間は有限だけどできる限りブラブラしていたい。ワンカップ大関でも呑みながらテーマパークを歩いて気に入らなかったら別のアトラクション行くぜ!ってほろ酔い気分で行きたい。

 

「安定、安定って何だよ!大体安定安定って言ってるやつほど自分が不安定じゃねえか!」って今は思っておきたい。

 

こんな事を思ってしまうあたり

自分の青臭さは続く。。。