読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こにし

ヨレヨレになったGAPのダウン

今日、久しぶりに大学に行った。

大学の健康診断を受けるための紙を貰う必要があったからだ。

 

雨が降っていたが、もう4月ということで寒さを全く感じなかった。

自分はまだヨレヨレになったGAPのダウンを羽織っていたが、春らしい恰好をした学生が多かった。

 

そして大学の保健室から健康診断に必要なものを貰った後、久しぶりに大学内をゆっくり歩いてみることにした。

 

正直な所、「春らしい恰好」がどういったものなのかはよくわからない。

しかしキャンパス内を歩いている間、デニムのオールインワンの服を着た、アンパンマンに出てくるバタコさんのような服装をした学生を3人ぐらい見かけた。3人共よく似合っていた。だから、春らしい恰好があまりよくわからないけど春らしいなぁと思うことにした。

 

雨が凌げる8号館では、幾つかのサークルの勧誘活動が行われていた。去年は、この時期キャンパス内を歩いていると何かしらのサークルから声を掛けられたが今日は全く声を掛けられなかった。

それは、自分がヨレヨレになったGAPのダウンを着ているからなのか

「尿検査」と太字で書かれた緑の封筒を持ってぶらぶら歩いているからなのか

そもそも興味を持たれていなかったのか、とにかく今日は声を掛けられることはなかった。

 

しばらく歩いた後、帰宅することにした。

 

原付に乗って帰る間、何台もの車が自分の横を通り過ぎていった。

ある車は目的をもって進んでいるようにも見えたし、ある車はただただ急いでいるようにも見えた。通り過ぎる車は自分を羨ましく思わせたり、何となく寂しい気持ちにもさせた。

 

家に着いてバイクを降ろす。リュックに雨をしのぐカバーをせず、健康診断の袋を開けたままにしていたからか、中が少し濡れていた。

 

尿検査の紙は若干ふやけていて、封筒の太字で「尿」と書かれた水の部分の所がにじんで見えなくなっていた。

 

その時、自分は祖父の家に飾ってある何の絵かよく分からない水墨画のことを思い出していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒ハローワーク 山川さん

「幸せって何なんですかね?」

そう聞くと新卒ハローワーク担当山川さんの表情がより一層険しくなった。
「明日13時から単独説明会があるんだよね?あの、ほんとにしっかり現実見て頑張ろうよ。」

そう言われハローワークを後にする。

そして今日、目が覚める。
時計の針は14時を指していた。

とりあえず一日の習慣としてまず、ラジオをつける。
ラジオでは満島ひかりが恋人の永山なんとかという人とそのまま恋人役で共演する話、
春の甲子園、決勝戦が延期になった話
欅坂46の4枚目のシングル「不協和音」がYouTubeにアップされてから15時間で150万回再生されたという話など各局いろんな話をしていた。

欅坂46に関しては、去年の夏、「サイレントマジョリティー」のMVを見たとき本当に衝撃的だった。
センターを務める平手友梨奈は「山口百恵の再来」とネットで言われている。サイレントマジョリティーでの表情、目つきは確かに親の影響で中学生の頃、何度も見たドラマ「赤い疑惑」での山口百恵のそれだった。

ラジオを聴いていろいろ考えている間に、自分の中でそわそわした気持ちが出てくる。
16時ごろ、雨が降りしきる中ハローワークへ向かった。

山川さんは休みだった。

ハローワークを出る。自分がまだ今日一日何も食べていないことに気が付いた。
近くにあった、セルフうどんの店に入る。
店に入ってかけうどんを頼み、天かすとねぎを大量にトッピングした。


しばらくすると、自分と同じく就活生であろう学生3人が店内に入ってきた。2人は肉うどんを頼み、もう1人はカレーうどんを頼んでいた。
3人はうどんを食べながらやはり就職活動についての話をしていた。

彼らは思い思いに就職活動への不満や焦りなどを口にしていた。
ただ、彼らは終始笑顔だった。愚痴や不満を口にしながらも表情は常に明るかった。まるで3人がこれから
「俺たちはこれから頑張って社会に折り合いをつけて生きていくんだ」と宣言しあっているように聞こえた。

うどんを食べた後、帰宅する。

今日ハローワークからもらってきたパンフレットを見た。
山川さんは山口百恵と同じ58歳だった。







青臭さは続く

 

人生とは?の質問に

 

「一生で回り切れないテーマパークのようなもの」とザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトが答えていてた。

 

色んな所にいけるんだ!といったワクワクした気持ちとそれでも時間は有限で自分が行きたいところに全部は回ることができない切ない気持ちの両方を感じた。

自分はこの「テーマパーク」でどこに行きたいのだろうか?

 

スペースマウンテンのようなみんなから羨ましがられる最高のアトラクションに乗りたいとも思う。

観覧車のようにゆったりだのんびりとした生活をしたいと思ったりもする。

はたまた、昔見た「かいけつゾロリきょうふの遊園地」に出てくるような誰もが行こうとしないアトラクションに乗って、「お前、なんでそんなところに行くんだよ、、もう俺ら21だぜ?いい加減まともに生きようぜ、、」と言われても「うるせえ!俺は俺の道を行くんだ!」と言ってみたい自分もいる。

 

書いているうちに何が言いたいのかさっぱりわからなくなってきた。

 

 

周りを見ると、もう自分の進む道を明確にしている人達がたくさんいる。「俺はこのアトラクションに乗ってこんなことをするんだ!」や「このアトラクションのファーストパスはゲットしたから。あとそこに行くだけだから。」などなど

 

そういうやつを目の前にするやっぱり焦る。ひたすら、焦る。

 

それでも固執したくない。どうしても「一つのことを続けることこそが美徳」みたいな風潮が周りにあるとどうしても何か一つ自分の「アトラクション」を決めないといけないと思ってしまう。

 

だから時間は有限だけどできる限りブラブラしていたい。ワンカップ大関でも呑みながらテーマパークを歩いて気に入らなかったら別のアトラクション行くぜ!ってほろ酔い気分で行きたい。

 

「安定、安定って何だよ!大体安定安定って言ってるやつほど自分が不安定じゃねえか!」って今は思っておきたい。

 

こんな事を思ってしまうあたり

自分の青臭さは続く。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ始めました。

 

ブログを始めてしまった

始めたきっかけは、知り合い曰く、「いつも家でゴロゴロするよりかはブログをすることによってネタ探しで外に出れるし健康的だ。自分のためだと思ってブログを書いたらどうよ?」と言われたからだ。

 

飽きたら辞めると宣言し、ブログのサイト作りをしている間になんか楽しくなってきた。

と思ったけど今日もへばりつくように家にいた。本当に何かにすがるかのように家にいた。ネタがない。。

 

知り合いとの関係があるのでしばらくは頑張ってやるつもりでいます。本当に飽きたら辞めます。。